So-net無料ブログ作成
検索選択

<裁判員裁判>初の危険運転致死罪、被告に懲役14年 千葉(毎日新聞)

 危険運転致死罪に問われた被告を審理する全国初の裁判員裁判で千葉地裁(小坂敏幸裁判長)は28日、飲酒運転で女性2人をはね死亡させた千葉県館山市笠名、造園業、高橋浩二被告(45)に対し、懲役14年(求刑・懲役15年)の実刑判決を言い渡した。

 弁護側は、より量刑の軽い自動車運転過失致死罪と道交法違反(酒気帯び運転)罪の適用を求めたが、判決は「被害者に気付かなかったのは、大量に飲んだアルコールの影響で視野が狭くなったため」と退けた。さらに、飲酒運転による悲惨な事故が後を絶たないとして、過去の同種の事故の量刑相場などに触れ「量刑幅を重くすべきだ。2人が死亡した事故は懲役10〜15年が相当」と言及した。

 判決によると、高橋被告は8月11日午後7時20分ごろ、焼酎926ミリリットルを飲んだ酩酊(めいてい)状態で軽トラックを運転。館山市長須賀の国道を横断していた近くに住む無職の女性(当時95歳)ら2人をはね、死亡させた。

 99年に東名高速で飲酒運転のトラックに追突されて娘2人を失い、危険運転致死罪成立に向けて運動してきた井上保孝さん、郁美さん夫妻は「市民が参加する裁判員裁判だからこそ同罪の成立は認められると思っていた。時代は変わったと実感した」と話した。【中川聡子】

【関連ニュース
裁判員裁判:危険運転致死被告、懲役15年を求刑 /千葉
裁判員裁判:強盗傷害の3被告に懲役9〜10年求刑 /神奈川
本宮の追突死亡事故:運転手に禁固4年の判決 過酷勤務も指摘 /福島
交通事故:登校児童の列に車、被告に有罪判決 /徳島
ショベルカー事故:横転、元えびの市議死亡−−競売入札妨害で有罪 /宮崎

景気判断、10地域で据え置き=雇用情勢厳しく−財務局長会議(時事通信)
阿倍野で民家火災(産経新聞)
<雪>交通機関乱れる…スリップ事故や転倒も 関東地方(毎日新聞)
三洋電機 ブラウン管テレビをリコール(毎日新聞)
離陸滑走中、NZ機が急停止・車輪から煙…成田(読売新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。